RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

旅人のグフグフ日誌

文化屋楽器店準構成員、旅人の、人生(たび)の恥は書き捨て日誌。
<< たまには富士でハシゴ飲酒! | main | 2018秋のカントリーパーティ収穫祭♪ >>
9月23日 関東で三社詣り♪
0
    このお彼岸の三連休の中日、旅人は久しぶりに関東へやって来ました!

    彼岸なので千葉県旭市にあるお墓参りに行き、その後その地域にある神社をまわって来ましたよ♪


    先ずは茨城県神栖市にある「息栖神社」



    息栖(いきす)神社は、鹿島神宮(鹿嶋市)、香取神宮(千葉県香取市)とともに東国三社と呼ばれ古くから信仰を集めてきました。関東以北の人は伊勢に参宮したのち、禊ぎの「下三宮巡り」と称してこの三社を参拝したといいます。

    岐神(くなどのかみ)を主神とし、相殿に天鳥船神(あめのとりふねのかみ)、住吉三神を祀っています。天鳥船神(あめのとりふねかみ)は交通守護のご霊格の高い神様で、鹿島大神の御先導をつとめられた神様です。
    <神栖市観光協会HPより抜粋>



    息栖神社で隠れたスポットなのが、常陸利根川沿いの大鳥居(一の鳥居)の両脇に設けられた二つの四角い井戸「忍潮井(おしおい)」です。それぞれの井戸の中に小さな鳥居が建てられ、水底を覗くと二つの瓶(かめ)がうっすらと見えます。

    この二つの瓶は「男瓶(おがめ)」と「女瓶(めがめ)」と呼ばれ、1000年以上もの間、清水を湧き出し続けてきたとされています。この忍潮井は、伊勢(三重)の明星井(あけぼのい)、山城(京都)の直井と並び、日本三霊泉の一つに数えられています。<神栖市観光協会HPより抜粋>










    次に寄ったのが「鹿島神宮」です。

    鹿島神宮は、日本建国・武道の神様である「武甕槌大神」を御祭神とする、神武天皇元年創建の由緒ある神社です。




    この日は三連休の中日ということと、最近テレビで紹介されたスポットであることも有り、正月でもないのにこの三社はお詣りのお客さんで溢れておりました。



    そうそう、この鹿島神宮には無料駐車場がありません。



    最後は「香取神宮」です。






    ちょうどお詣りに並んでいる間、本殿の中では結婚式が厳かに執り行われていました。



    ここの参道にはわらび餅など、美味しい土産物を扱う店が並んでますよ!

    名古屋からはちょうど1,000Kmの好いドライブでもありました。
    | - | 00:04 | comments(0) | - | - | - |