RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

旅人のグフグフ日誌

文化屋楽器店準構成員、旅人の、人生(たび)の恥は書き捨て日誌。
<< あるスーパーの弁当に挑戦してみた♪ | main | 2018年 秋になりましたね♪ >>
2018年夏休み♪
0
    待ちに待った夏休み!
    もう終わっちゃったけど皆は有意義に楽しく過ごせましたか?

    旅人の夏休みは宮崎への帰省でした。
    今回は神社巡りをしたので紹介しますね♪

    今回の帰省もマイカーでの移動・・・13日(月)に名古屋を発って新名神を使って関西に入り、淡路島を経由して四国へ・・・それから四国の自動車道を西へ向かい八幡浜へ、さらに進んで三崎港からカーフェリーで大分の臼杵に渡り、その後、東九州自動車道を南下して宮崎に入るというコースの往復(18日朝名古屋着)でした。

    往きは神戸でトンネル事故があり、数時間もの渋滞に遭いました。また、四国の伊方町ではお祭り・花火大会の渋滞にはまってしまい到着の予定がかなり遅れてしまったけど自分が事故に遭わずに無事に帰って来れて好かったです♪

    途中の淡路島では24箇所しかない神宮のひとつ「伊弉諾神宮」へお詣りしました。


    『古事記』・『日本書紀』の冒頭「国生み神話」に登場する、国生みの大業を果たされた伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱をお祀りする神社です。『古事記』・『日本書紀』に記載がある中では全国で最も古い神社で、淡路国一宮として古代から全国の掌敬を集めています。延喜式名神大社、三代実録神格一品、旧官幣大社で兵庫県唯一の「神官号」を宣下された神社です。

    『古事記』・『日本書紀』には、国生みに始まるすべての神功を果たされたイザナギ尊が、御子神である天照大御神に国家統治の大業を委譲され、最初にお生みになられた淡路島の多賀の地に、「幽宮」を構えて余生を過ごされたと記されています。その御住居跡に御神陵が営まれ、そこに最古の神社として創始されたのが、伊弉諾神宮の起源です。地元では「いっくさん」と別称され日之少宮、淡路島神、多賀明神、津名明神と崇められています。


    ここに着いたときには既に予定より2時間半程の遅れでしたので急ぎ足でのお詣りでした。(^_^;)

    14日は100歳を迎えた親戚のお誕生会に参加したり、ホームセンターに買い物に行き実家のメンテナンス日曜大工でしたよ(*^^)v


    15日(水)に宮崎での三社詣りしました。
    先ずは「宮崎神宮」ここは以前から何度も行った事のある神宮だけど、今回はある目的の為に再訪です♪


    旧官幣大社。 東神苑には樹齢400年以上と推定される「オオシラフジ」(天然記念物)があり、宮崎神宮の大きな森は野鳥たちの楽園となっています。 神宮の森の北端には、県総合博物館、埋蔵文化財センター、県内の古民家を移築保存した民家園があります。



    次は宮崎市街を抜け更に少し南下します。


    そう、宮崎と言ったら青島!




    青島の中にも「青島神社」があります。


    縁結びパワースポットは数あれど、神様自らが良縁をつかんだという場所は全国を探してもそうはありません。宮崎県にある「青島神社」はまさにそんな珍しい縁結びパワースポットなのですよ。




    次は何処かと言うと、もうここに行かないわけにはいけません。
    「鵜戸神宮」です! 宮崎には神宮が2か所もあるのです♪

    鵜戸神宮は、宮崎県の南部に位置する日南市にあります。建てられた時期ははっきりとはわかっていません。神話の神様を祀っている神社で、縁結びや安産・子宝にご利益のある神様として、宮崎県以外からも多くの参拝客が訪れています。
    運玉を投げてみました、あなたも行ったらチャレンジしてみてはいかが?(*^^)v



    今回は食べ歩きはあまりしなかったけど、チキン南蛮を食べに「おぐら」には行きました。

    ご飯の盛りが多いんだなぁ(笑)
    | 観光 | 23:20 | comments(0) | - | - | - |